安定期といわれる5ヶ月目に入ったあたりから産後3ヶ月頃まで骨盤まわりの歪み

どのタイミングで起こりましたか?

妊娠中、いわゆる安定期といわれる5ヶ月目に入ったあたりから、産後3ヶ月頃まで。

体のどの部分にどんな変化がありましたか?

骨盤まわりの歪み

あなたのとった解決方法をおしえてください。

妊娠中、おなかが大きくなるだけでなく、骨盤や肋骨が開き、腰まわりやおしりまわりが大きくなっていました。腰痛まではなかったのですが、ストレッチをしたときに、骨盤や股関節まわりのぐらぐらするような緩みを実感できるほどでした。

この頃からお世話になっていたのが、トコちゃんベルトという骨盤ベルト。必要以上に骨盤が緩んでしまうと、子宮が下がってきて早産の原因になったり、子宮のかたちが悪くなって胎児が窮屈になったりしてしまうそうで、私の場合、立ち仕事の間はずっとベルトをしていました。

産後は、やはり骨盤まわりがぐらぐらになっていました。赤ちゃんが出てくるために緩まなければならないので仕方がない変化だとは思いますが、妊娠前にはいていたパンツはことごとく骨盤で引っかかってしまい、なんとかしなければと焦り、ここでもまた、トコちゃんベルトを毎日装着していました。

産後一ヶ月後からは、仰向け、うつ伏せそれぞれの姿勢で腰回りを左右に揺らす程度の軽い刺激を与え、産後の痛みが完全に治まった二ヶ月後からは、軽いストレッチと軽いヨガ、そして本当に軽い筋トレをしました。

初めは片足で立つだけでもバランスがとりにくいほど不安定だった股関節が、産後三ヶ月も経つと、随分改善されました。

同じ変化が今おこっているママにアドバイスをお願いします。

妊娠によって緩んだ骨盤まわりを、産後に締め直すというのは、妊娠前に歪んでいた骨格を矯正できる絶好のチャンスであるともいえます。

妊娠中から、産後のエクササイズ計画を立てておくとよいかもしれません。ただ、産後のダメージや回復のペースは、そのときにならなければ分からないので、焦らず無理をせず、自分の体と相談しながら復活して下さい。

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村