足むずむず症候群(レストレスレッグス症候群)になったママの体験談

どのタイミングで起こりましたか?

私は、第2子、第3子妊娠初期(まだ発覚するかしなかくらいの時期)、足むずむず症候群になりました。

体のどの部分にどんな変化がありましたか?

足むずむず症候群(レストレスレッグス症候群)

あなたのとった解決方法をおしえてください。

足むずむず症候群とは布団に入り、体が暖まってきたりちょっとリラックスするため横になったりしていると、足がむずむずといいますか、虫がはっているようなとっても不快な感覚になり寝付けなかったりイライラしたりします。

病院で相談しても妊娠初期のため薬は使えないので、耐えることしか出来ず、つわりもだんだん辛くなる時期ですごく辛かったです。

私は、足を布団から出したり、枕で足をあげたりすることで若干は緩和しました。

あとは、ドーパミンの分泌がすくなると起きると言うことも聞いたので、いろいろ調べたところ、私が一番効果があると思ったのは、旦那とお風呂に入ることでした。

旦那とお風呂に入ることで、ドーパミンが分泌され精神的にもだいぶ落ち着き、その夜は
症状も落ち着きました。

ホルモンバランスの崩れと、子育て、家事に追われるストレスで精神的参ってしまうので、ちょっと開いた時間のお茶の時間や、自分の時間をリラックスして過ごすことが一番の治療法だと私は思いました。

しかし、子育て中の母親にリラックスの時間をとるのはなかなか難しいですよね。

少しでも自分に余裕が持てるように趣味や子供との遊びを見つけたいものです。

同じ変化が今おこっているママにアドバイスをお願いします。

最後に足むずむず症候群でお悩みの皆様。

つわりと足むずむず症候群でとても辛い思いをしているかと思います。

しかし、赤ちゃんを迎える準備と思い自分なりの緩和方法を見つけて、すこし楽になったときの喜びや、赤ちゃんの顔を見れる日を待ち遠しく思いながら頑張って行きましょう!

辛かった分赤ちゃんを抱いたときの感動は、計り知れないくらい最高のものになると思います!!

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村