ランドセル自体の重量は各社意外とばらつきがありますよ!


 

年々ランドセルのCMが早くなってきている昨今、もう2015年モデルのCMが見られるようになりました。

お盆休みに実家へ帰省した際に、義理両親とついでにランドセルも見てこようという流れから、毎年夏休み始めにはランドセル商戦も始まっているようです。

ランドセルの色柄やデザインは、各社個性的な色やデザインを販売していて、安いもので1万円から高価なもので10万円以上するものもあります。

6年間使うものなので、丈夫であるのは大前提なのですが、ほとんどのランドセルが6年間保証がついているので、実際に金具が壊れても部品を無償で交換したり、ランドセルを修理している間は無償で別のランドセルを貸してくれたりなどのサービスに対応してくれるので、『丈夫さ』の点から言えばさほど検討しなくてもいいのではないかと思います。

私が一番気にしたのは重さです。ランドセル自体の重量は各社意外とばらつきがあります。

1年生はさほど学科が多くないにしても、教科書は3~4冊、筆箱、給食袋、上靴(サイドフックに掛けてくる事も)など、持って行くものは結構あります。

ランドセル自体が重いと、それだけで1年生にとっては負担かな?と思い、私は軽いランドセルを選びました。約1,010gでした。

IMG_4272-2

 

 

現在5年生のお姉ちゃんと今年1年生になる次女のランドセルを比べてみても、今年サイズのランドセルの方がA4フラットファイル対応なこともあり、一回り厚みもサイズも大きめです。

素材は2人共クラリーノです。軽さが一番だと思ったので、天然素材の牛革やコードバン(馬の尻革)などは比較的重く、扱いが難しいかな?とも思いました。

並べてみても、5年生のランドセルもほとんど無傷です。6年生を卒業しても綺麗なままだと思います。

ちなみに私が購入したのは、イオンの24色ランドセル・クラリーノです。秋には購入しましたが、早期購入特典として、2,000円のギフトカードがついてきました。さらに早得として35,000円が実質3万円程度だったと思います。

他にも文房具の割引券や、WAON購入時には割引があったりとお値打ちに購入しました。余り早く購入しても半年以上しまっておく事になってしまうのですが、早期に購入して割引特典を受けるのも魅力のひとつだと思います。

年を越すと、希望のものはどんどん品切れになり、在庫からしか選べない状況になりかねません。6年間使うランドセルなので、実際にいろんな展示会やショッピングセンターに行き、お子さんが満足するものを早めに選ばれることをお勧めします。

ランドセルを購入してから、本人にも一年生になる芽生えが出来始めます。何度も背負ってみたり、祖父母に見てもらったりして、もう1年生になるんだから●●しなきゃ!とか自分のランドセルを買ってもらった嬉しさは格別のようです。

ランドセルを買ってから少しずつ1年生になる準備もし始めるといいですね。

 

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村