初めての抱っこ紐は「ベビービョルン」が最高でした!


しみじみ「買って良かったなぁ」と思い出すものの一つに、「ベビービョルンの抱っこ紐」があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

抱っこ紐選びには、かなり悩み続けました。

育児が始まったら、大半の人が選ぶ「エルゴ」の抱っこ紐は絶対買いたいと思っていました。

でも、「エルゴ」だと新生児を抱っこするためには、「インファントインサート」なる別売りのクッションを買う必要がありました。

それさえ買えば、抱っこ紐の購入が1つで済むので、すごくいいと思うのですが、どうもこれに踏み切れない…。

なぜかというと、このインサートが、ぶきっちょな私にはものすごく使い勝手が悪そうだったのです。

そして新生児の時に一番使いやすい抱っこ紐として有名な「ベビービョルン」。

ただ「ベビービョルン」が使いやすいのは、逆に言うと、新生児の時がピーク、なのかも。

一体どちらを選んだらいいのか…。

 

そもそもどうしてこれほど新生児を運ぶ必要があるのか、ということを言うと、私が里帰り出産をしたからです。

東京在住なのですが、私の実家は北海道の札幌。だから、里帰りの行き帰りは飛行機でした。

産まれた子の1ヶ月健診が終わったら、実家から自宅に戻る予定でしたが、どうもその移動の時が不安でたまりませんでした。

結局のところ、帰宅の際には両親も一緒に来てくれたので、そこまで心配する必要はなかったのかもしれませんが、

まず、まだまだ不慣れな生まれたての赤ちゃんを運ばなければいけないこと、

母乳があんまり出なかったのでミルクも作ってあげなければいけない、飛行機に乗る前にオムツを替えてあげたい、

すぐに必要なもの以外は宅配便で全て送ったものの、それでも手荷物が大量。

そういったことで空港ではなんだかバタバタしてしまいそうでした。

そんな中で、まだ使い慣れていない抱っこ紐に振り回されるのは困る…と長い間モヤモヤしてしまったのです。

あのエルゴのインサートさえ使いこなせれば済む話ですが、やはりモヤモヤ。

結局、「ベビービョルン」も「エルゴ」も、両方買おう!と決めたことで、そのモヤモヤしたものが全て吹き飛んで、嘘のようにスッキリしました。

 

いろんなところで見た口コミなども総合すると、

・新生児の抱っこ紐で最高に使いやすいのは、やはり「ベビービョルン」。ただ、子供が育って重くなってくると、体に負担がかかって厳しくなる。

・子供が重くなってきた時に、一番ラクチンなのは、「エルゴ」。

それ以外の抱っこ紐は、私は検討しなかったのでわかりませんが、いいものもいろいろあるのだとは思います。

けれども、やっぱり子供が産まれたばかりの頃から上手に歩けるようになるまで、万能に使い続けられる抱っこ紐を1つだけ選ぶ、となると難しいようです。

私は当初それを求めてしまったので、ずっとモヤモヤしてしまったのでしょう。

でも決して安い買い物ではないので、モヤモヤも仕方ないなと思ってしまいます。

ベビーカーだと行きにくい場所というのは、どうしても存在しますし…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使用イメージをクマさんに代理にやってもらいましたが、あんまりよくわかりませんね(汗)

私が買った「ベビービョルン」の抱っこ紐は、おんぶはできませんでしたが、

今は、おんぶのできる「ベビービョルン」の抱っこ紐もあるようです。

おんぶをしながら家事をする機会はかなり多かったので、おんぶができるかどうかは、かなり重要なポイントのように思います。

 

抱っこひもの構造のシンプルさ、取っ付きやすさ、そういうところから言えば、

やっぱり「ベビービョルン」の抱っこ紐は最高でした。

正確に言えば、「エルゴ」との両刀使いが最高だった、と言うべきでしょうか…。

どちらも、買って良かったなと思います。

↓ エルゴ抱っこ紐

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村