親が入浴中に待たせておくのに便利 ハイローベッドアンドチェアー


新生児の間、首すわり・腰すわり前の赤ちゃんを日中寝かせたり、あやしたりするため購入しました。
また周りのママ友の保持率も高く、便利だという意見が多いのも購入の決め手でした。

ハイローチェア

新生児期~1歳頃まで重宝しました。

座席シート部分がリクライニング調節でき、首すわり→腰すわり期と好きな角度に調整可能です。

脚の部分で高さが高・中・低と3段階に調整可能です。

シートにベルトが付いているので、赤ちゃんが落ちる心配はありません。

テーブルが取り外し可能なので、離乳食初期は食事テーブルとして重宝します。

シート部分も取り外しでき洗濯できるので、衛生面でも安心です。

ハイローチェア

おすすめするポイント

ハイローチェアは、大きく分けて自動スイングで音楽が流れるタイプ(価格3万円以上)のものと、手動スイングのタイプ(価格2万円以下)に分けられます。

価格面から、手動スイングタイプを購入しましたが、ずっとスイングすることは少ないですし、機能的には手動でも十分かと思います。

新生児期は、授乳後の寝かしつけや、あやす時に片手で揺らすことができたので便利です。キャスター付きなのでどこでも運べて、赤ちゃんをいつもそばで見守ることができます。

また新生児期に最も重宝したのは、親が先にお風呂に入って赤ちゃんを待たせておく時でした。

床に寝かせておくと床の冷たさを直に感じますが、ハイローチェアだとその心配もなく、ベルトで固定もできるので安心して待たせておけます。

離乳食初期は、テーブルをつけてご飯を食べさせられますし、ダイニングテーブルにくっつけると大人と同じ目線になるので、赤ちゃんもニコニコしながら一緒に食事の時間を楽しむことができます。

どこで購入したか?

ベビーザらスです。

ベビーザらスとコンビのコラボ商品のため、割引率が高く価格も手頃でした。

ベビーザらス限定 ハイローベッドアンドチェアー シルクドレーヴ【送料無料】
icon

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村