専用ポットはもう要らない!?臭わず便利な『おむつバケツ』


赤ちゃんのいるお家の悩み事といえば、オムツの処理だと思います。臭いは気になるけれど、専用ポットはランニングコストがかかるし…私もいろいろ試行錯誤した中で、お気に入りの処理方法があるのでおススメしたいと思います。

おすすめしたいのは、『オムニウッティのバケツ LL』です。

オムニウッティのバケツ LL

Amazonなどのネット通販はもちろん、Francfrancなどのインテリアショップでも取り扱いがあります。色もたくさんあり、お家のインテリアに合わせて選ぶことができます。

我が家では、モノトーンのインテリアに合わせて黒色のものをおむつバケツに使っています。サイズはLL(20L)のものがちょうどよかったです。(私の地域は週2回の可燃ごみ回収です)

このバケツの良いところは、とても密閉性が高いところです。蓋がしっかり閉まるので、臭いが漏れてくることがありません。

しっかりとした取手がついているので、おむつがたくさん詰まった状態で持ち運んでも問題ありません。もちろん、バケツなので簡単に水洗いできます。

しかし、蓋を閉めるだけですと臭いが中にこもり、蓋を開けた時に臭いがまき散らされるのが気になります。そこで、『重曹ふりかけ』との併用がお勧めです。

重曹ふりかけ

重曹の消臭性はご存知の方も多いと思いますが、おむつの臭いにも絶大な効果を発揮します。(ちなみに、同じアルカリ性のセスキ炭酸ソーダも有名ですが、消臭性は重曹のほうが良いです)。

使い方は、重曹を100円ショップなどの調味料入れにいれておき、おむつがバケツ一面に埋まったら一振りを目安に、こまめに振りかけます。

さらには、おむつを卒業した後も、おもちゃ入れにしたりパパの洗車グッズにしたりと長く使えます。蓋をすると座れるのも何かと便利です。

おむつの処理に悩んでいるパパとママのお役に立てばうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村