使用済みオムツの臭いをなんとかできるオススメのオムツ袋


オムツ外れ前の乳幼児をお持ちの方は、使用済みオムツをどう処理するか、悩まれていると思います。

月齢が上がるにつれて、オシッコやウンチの量、匂いが増し、オムツ処理をする度にこの匂いとの戦いになると思います。

夏場は特に匂いがキツく、ウンチのついたオムツの匂いは、いくらかわいい我が子のものでも耐え難いものとなります。

我が家も、匂い対策にオムツ用防臭袋を使っていました。ドラッグストアやベビー用品店に行くと、実に様々な種類の防臭袋が販売されています。

子供が生まれた当初から使用していた袋は、月齢が小さい頃はまだよかったのですが、離乳食が始まった頃から、徐々に匂いがキツくなり、袋に入れるだけだと匂いが漏れてきて、ゴミ出しの日にゴミ袋に入れるのが苦痛な作業となっていました。

そんな時に偶然知ったのがこの商品です。

おむつ防臭袋BOS

bosは見た目は可愛らしいですが、その防臭効果はものすごく、しっかり結ぶと匂いが漏れる事がありません。

子供がまだオムツをしていた2歳の頃、胃腸風邪に罹り、1週間近く激しい下痢が続いた事がありました。ウンチの度に、オムツからは何とも言えない匂いが漏れてきて、オムツ替えがかなり苦痛でした。

しかし、そんな臭いオムツもbosに入れると一切臭う事無く、普段と同じように扱う事が出来、ゴミ袋に入れる時も臭う事無く快適でした。

おむつ防臭袋BOS

この商品は元々医療用品として使われていた物を、乳幼児用にアレンジしたものなんだそうです。(たまたまメーカーの方が商品の店頭紹介をしている場に居合わせた為、メーカーの方に教えて頂きました。)

医療用品は使用する方の負担が少しでも軽くなる工夫がされているはずなので、それを考えると、bosの防臭効果は使用前から想像できました。そして、実際には想像以上の防臭効果で、申し分ありませんでした。

最近は、徐々に取り扱い店舗も増えているようですが、我が家が使っていた頃は、とある大型ベビー用品店にしか売られていなかった為、何度か在庫を切らしてしまい、止むを得ず他の商品で代用を試みた事があります。

しかし、他の商品ではどうしてもウンチの臭いが漏れてきて、ゴミ出しの為にゴミ袋に入れると部屋中が何とも言えない匂いで充満してしまいました。翌日、急いでbosを購入しに行った事は言うまでもありません。

オムツが外れた今でも、ウンチがお尻にこびりついて取れない時など、お尻拭きを使用する場面があります。そんな時も、bosがあれば安心して処理できます。

我が家にあるのは大容量の物ですが、もちろん少量入りの商品もありますし、目的に応じて様々な種類が販売されているようなので、オムツの匂いに悩まれている方は一度是非お試し下さい。

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村