普通分娩で出産時の傷が深かった私が使ったデリケートゾーンのケアグッズ


産後のデリケートゾーンのケア

普通分娩だった私。出産時の傷が深く、また出産しやすいように切ったこともあり、縫ったところが痛い日が続いておりました。

病院からも清潔にするように、と言われていましたが、触るのも痛いのでなかなかどうしていいか分からずにいましたが、ある2つのアイテムで乗り切りましたのでご紹介します。

水だけコットンでトントン

産後にかけてとにかく痛みがあったので、助産師さんから「水だけコットン」を使うように言われました。

アルコールなど余計なものは入っておらず、1包ずつ密封、厳禁処理がされている、毛羽立ちのないコットンです。拭き取ることはできないので、こちらでトントン、トイレのたびに使っていました。

毛羽立ちのないコットンで、痛みなく使え、使った後はすっきり気持ち良いです。これは赤ちゃんの口のケアや、授乳時のおっぱいをふくのにも使えるので、あると便利です。

専用ソープで産後のおりものケア

産後、ホルモンバランスの乱れからおりものが増える方が多いそうです。私もその一人。

おりものが増えると、臭いしかゆみが気になりだします。しっかり洗いたいところですが、傷口のこともありなかなかそうもいかず、そんな時、デリケート肌用の専用ソープがあるということをネットで「サマーズイブ」を見つけ購入しました。

サマーズイブ

ジェル状のソープなのですが、泡立ちすぎずに軽い泡で洗えます。この泡立ちすぎないのもポイントなようで、サッと洗い流せるので手早く泡が残ることもありません。

ようやく傷口が落着きはじめた頃でしたが、刺激を感じることもなく洗えました。泡で洗えているおかげか、日中のおりものの不快感が軽減しました。

そもそも通常の石けん等で洗うと、必要な菌まで取り除いてしまい、おりものが増えたり、カブレたりと、様々な原因になるそう。

そのため産後でなくてもデリケートゾーン専用ソープを使用するべきだそうです。

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村