Combi ディアクラッセ オート4キャス エッグショックFD-500 ブラックベリー


写真1

赤ちゃんが生まれると、何かと物入りになりますが、必要なものはどうしても必要なので、何が必要なのかをよく見極めたいですよね。 我が家では妊娠が分かってから購入を検討したものは数えきれないほどありますが、ベビー用品店に何度も足を運んで豊富な種類の中からこれと思うものを選びました。

娘よりも5ヵ月前に産まれた子のお母さんから、ベビーカーは産まれてから、様子を見ながら選ぶのがいいとのアドバイスをいただいていたので、私もしばらくは抱っこ紐を使っていました。 当初、腰座りの完成を待ってから、比較的安価で軽量なB型タイプのベビーカーを検討していましたが、日々成長する娘を抱えての買い物は想像以上に重労働で、ヘルニアの持病もあったので、早々にA型のこのベビーカーを買いました。

ベビーカー選びでは私よりも夫の方がこだわりがあったのですが、彼が重視したのは赤ちゃんが実際に座る座面の高さでした。 地上に座面が近ければ、地面からの熱や土埃などが心配だということで当時販売されていたものの中でもっともハイシートの58㎝のこのベビーカーを選びました。 さらに、最新の振動吸収性能で赤ちゃんを振動から守ってくれるという機能も魅力的でした。 今住んでいるところは坂道もほとんどないので、振動をほとんど感じず、とても快適です。

ハンドルの切り替えによって背面式、対面式どちらでも使用することができ、普段は背面式にして景色を楽しませていますが、少しグズッてしまった時などは対面にして顔が見えると安心してくれるので、娘の機嫌に合わせて使い分けています。

写真2

A型のベビーカーは畳んでも場所をとってしまうと思っていたのですが、予想以上にスリムで我が家の狭い玄関に置いても邪魔になりませんでした。 今ではお出掛けには欠かせないアイテムになりました。

写真4

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村